節税の基本は加算税を知ることです

日本に住んでいれば様々な税金が課税されます。
日本に住んでいるのですから税金を支払うのは仕方がないことかもしれませんが、出来ればあまり支払いたくはないでしょう。


そのため、多くの方が節税対策を講じています。

税務調査の相談に関するサポートサイトはここです。

しかし、どんな節税対策よりも有効で、大切なことがあります。

それは、申告期限までに正しい申告をすることです。



中小企業節税・決算対策.comに関する情報を紹介するサイトです。税金には申告納税方式のものと賦課課税方式のものとがあります。


申告納税方式の税金には所得税などがあり、自分で正確に税額を計算し、申告及び納付をしなければなりません。対して、賦課課税方式の税金には固定資産税などがあり、国などが納付すべき税額を計算し、通知された税額を納付することになります。
申告納税方式の税金で、申告を忘れがちなのが贈与税です。

その理由は、会社から給料をもらう場合と違い、個人間の財産の贈与で税金が発生するというイメージが湧きにくく、また、税務調査なんて行われないのではという油断が生じやすいためです。


贈与税を申告せず納付もしなかった場合、当然ですが贈与税のみの支払いでは済まなくなります。申告も何もしなかった場合、無申告加算税が課され納付税額が15%増えます。

最近何かと話題の税金対策情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。
贈与の事実を隠ぺいした場合には重加算税が課され、40%増えることになります。

では、期限内に申告をしていれば大丈夫なのかと言われればそうでもなく、少なかったのに修正申告をしなかった場合、修正により増加した税額に10%を乗じた金額が過少申告加算税として課されます。

なお、いずれの場合でも納付が遅れた扱いになるため、利子に当たる延滞税が課税されることになります。
各税法にはそれぞれの税金を節税できる様々な優遇措置が用意されています。

しかし、本当に大切なのは節税対策を探し講じることではなく、きちんと申告してむやみに納付税額を増やさないことです。節税対策を講じることによりどれくらい税負担を抑えることができるのかを知っていても、きちんと申告しなかった場合、税負担がどれくらい増えるのかを知らない人はたくさんいます。



加算税の恐怖を知ることが節税の基本と言えるでしょう。